瀬戸内海にザトウクジラ出現!5分おきに姿見せ捕食シーンも披露!

1月27日朝、瀬戸内海にザトウクジラが現れ、5分おきに姿を見せ、イワシなどを食べる捕食シーンも披露してくれました。どうやら迷い込んだとみられています。
(写真はイメージです!)

スポンサーリンク



♦瀬戸内海にザトウクジラ出現!5分おきに姿見せ捕食シーンも披露!

1月27日の朝、瀬戸内海にザトウクジラが現れました。

山口県周南市大津島の付近で

遊漁船の船長である加屋野剛士さんが撮影した映像が

日テレNEWS24で報道されました。

その中で釣りをしていた方々でしょうか、

「すげー!すげー!」「うぉー」「まじか」などと歓声をあげています。

撮影した加屋野さんも

「毎日のように来る海だが、ここ何十年で初めて見た」と

興奮気味に話されたそうです。

下関鯨類研究室・石川創室長の話しによりますと、

ザトウクジラの目撃例は、瀬戸内海全体でも

年に1度あるかないかの珍しいことだそうです。

また、5分おきに水面に姿をみせ、

イワシを食べている様子が見られたそうです。

加屋野さんの映像にも捕食シーンが捉えられていて、

「瀬戸内でクジラの捕食シーンが目撃された例は聞いたことがない」

とのことです。

迷い込んだとみられるクジラは、約4時間後、沖合に姿を消したという。

ザトウクジラは普段どこにいるのでしょう。

調べてみましょう!

スポンサーリンク



♦ホエールウォッチングで有名なザトウクジラ。普段はどこにいる?日本で見られるの?

今回、瀬戸内海に姿を現した「ザトウクジラ」。

プロフィールをざっくりご紹介しましょう。

■ザトウクジラ/Megaptera novaeangliae
分類:ナガスクジラ科ザトウクジラ属
体長:オス平均13m〜14m、メス平均15m〜16m、最大19m
体重:平均25トン〜30トン、最大40トン以上
分布:ほぼ全海洋
特徴:遥か彼方まで届くような鳴き声

泣くような、うめくような、叫ぶような鳴き声、

テレビなどで聞いたことあると思いますが

これは仲間とのコミュニケーションや、

求愛のためらしいです。

年間を通して回遊していて、

夏には北極や南極、アラスカ近辺の冷たい海で餌を食べ、

冬には赤道近辺の暖かい海で出産や子育てをしているそうです。

このたび瀬戸内海に迷い込んできたザトウクジラは

海外じゃなくても見られるんです。

日本では12月から4月、

沖縄ではザトウクジラのホエールウォッチングが人気だそうです!

アラスカあたりから日本まで回遊してくるなんて

行動範囲が広すぎて驚きです。

ブリーチと呼ばれる豪快なジャンプしての着水や

テールスラップという、尾びれで水面を叩く行動、

特徴の鳴き声、一度は見てみたい聞いてみたいですね!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする