宅配業者を装い押し入り女性を縛る。犯人ら逃走中で群馬県前橋市、注意が必要


群馬県前橋市で今日11月23日午前、宅配便を装った男2人組が、年配の女性宅に押し入り、手足や口を粘着テープで縛り身動きを取れなくして強盗におよんだ事件が起きた。現時点で犯人はまだ捕まっておらず逃走中とのこと。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦群馬県前橋市で宅配業者を装い女性宅に押し入った2人組の男

群馬県警によると、11月23日朝8時半ごろ、前橋市の住宅に宅配便の従業員を装った男2人組が「宅急便です」と言ってドアを開けさせて押し入り、この家に住む女性(79歳)の手足や口を粘着テープで縛り、身動きが取れない状態にし犯行に及んだ。男2人は女性宅の金品を物色して逃走した。
被害にあった女性は自力でテープをはがし、近隣の男性(68歳)宅へ助けを求めに行ったという。
近隣の男性から、午前9時45分ごろ「女性の家に男2人組が侵入した」などと群馬県警に110番通報があったことで、事件が発覚。
通報を受けて警察官らが現場に駆けつけ、女性から事情を聴いたが、被害にあった女性は気が動転しており、「何を取られたのか覚えていない」と話したという。

スポンサーリンク


♦未だ逃走中、宅配業者を装った2人組の特徴は?

この宅配業者を装った2人組の男らは、いずれも50代〜60代だったという。
現在も逃走しており、次の犯行に及ぶ可能性もあることから、周辺地域では注意が必要。戸締まりを徹底するなどして十分な警戒を行い、近隣に異変がないかにも気をつけたい。
年代以外、犯人の特徴などについてはわかっておらず、群馬県警は強盗事件として、周囲に設置された防犯カメラの映像解析などを中心に捜査を進め、犯人の行方を追っている。
一人暮らしの年配の女性宅を狙ったこの事件、被害にあった女性は、幸いケガはなかったものの気が動転しているとのことで、一刻も早い犯人逮捕が期待される。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする