大阪府警の巡査長、通勤で特急タダ乗りで懲戒処分。警察手帳を定期券代わり?

大阪府警捜査第三課の男性巡査長が特急列車の特急料金1170円を支払わず、何度も通勤で利用していました。車内検札の際、「公務です」と言って警察手帳を示し、料金を支払わなかったとして懲戒処分されました。

スポンサーリンク



♦大阪府警の巡査長、通勤で特急タダ乗り。警察手帳を定期券代わり?

通勤で特急列車の指定席を利用し、

警察手帳を示して「公務です」と偽り、

特急料金分をタダ乗りした

警察官の名前は公開されていませんが

プロフィールをまとめました。

—————–
所属:大阪府警・刑事部捜査第三課、巡査長
年齢:30歳(当時)
捜査担当:すり犯
—————–

懲戒処分となったこの巡査長は、

昨年2017年3月に同僚と飲んだ後、帰宅するために

JR大阪駅から特急列車の指定席を利用します。

その車中で車掌さんによる検札が回ってきた際に

巡査長は自身の警察手帳を示し

「公務です」などと言い、

特急料金を支払わなかったとのことです。

特急料金は1170円。

乗車券のことには触れられていませんし、

改札も通っていることから

それは支払っているのでしょう。

飲んでいたせいでしょうか、

巡査長は車内で寝込んでしまい、乗り過ごしてしまったため、

車掌が大阪府警に確認し、公務でないことが発覚しました。

巡査長は府警の調べに対し、

「座って帰りたかった」

と話しているそうです。

スポンサーリンク



♦巡査長の不正乗車は20回ほど。警察手帳が定期券代わり?

「座って帰りたかった」という

30歳の巡査長は

20回ほどの不正乗車を認めています。

20回すべてが特急料金かどうかは

まだわかっていませんが、

仮にそうだとすると、

1170円×20回=23,400円

週休二日とすると、20回はほぼ1か月。

まるで定期券のように感じてしまいました。

巡査長の職務担当はすり犯の捜査ですが、

大阪府警では、

「犯人を尾行している際に手帳を示して乗車することはあるが、原則切符は

買わなければならない」

と説明しています。

いまのところ謝罪などは報じられていません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする