中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは?何鳳英容疑者ら7人を窃盗容疑で逮捕[東京ビックサイト国際宝飾展]

中国の窃盗団「ピンクパンダ」メンバーとみられる男女7人が、東京ビッグサイトで開催中の国際宝飾展の会場で、真珠や指輪などを盗んだとして、警視庁に1月24日に逮捕されました。被害総額は約1500万円にのぼるということです。何鳳英容疑者を除く6人は容疑を否認しているそうです。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク



♦中国人窃盗団「ピンクパンダ」何鳳英容疑者ら7人を窃盗容疑で逮捕[東京ビックサイト国際宝飾展]

中国人窃盗団「ピンクパンダ」は、
昨年2017年の展示会でも、
同様の窃盗を起こしていました。

そのため警視庁捜査3課の

捜査員は警戒していました。

事件の現場は、1月24日から開催されていた
東京ビッグサイトでの「第29回国際宝飾展」。

何容疑者らが店員の隙を突き、

ジャケットの内側に宝石を入れ、

犯行に及んだところを確認した捜査員が

取り押さえ、現行犯逮捕したということです。

窃盗の容疑で逮捕されたのは、
中国人窃盗団「ピンクパンダ」のメンバーとみられる
20〜40代の男女7人。

分かっている名前は、

何鳳英(ほーふぉんいん)容疑者(33歳)
周コウ(しゅうこう)容疑者(31歳)
何貫軍(かかんぐん)容疑者(38歳)

いずれも住所、職業は不明ということです。

捜査3課によりますと、
何鳳英容疑者らは、
真珠や指輪、ネックレスなど

総額1500万円相当の宝石を盗んだそうです。

何鳳英容疑者のみ犯行を認めていますが、
他の6人は否認しているとのことで、
今後の捜査が待たれます。

さらに他店にも被害があるようで、
警視庁同課は、逮捕した以外のメンバーがいたとみて
調べを進める方針だそうです。

「ピンクパンダ」とはどんなグループなのか
調査していきます。
スポンサーリンク



♦中国人窃盗団「ピンクパンダ」とは?

中国・湖南省出身者で構成される「ピンクパンダ」と呼ばれる国際窃盗団のこと。

ピンクパンダは欧州や日本で開催される
国際宝飾展を狙うということです。

ピンクパンダの名は、
フランスの捜査当局が付けたそうですが
なぜピンクなのかまでは分かりませんでした。

今回の窃盗の内容は、
・真珠が入った袋6つ
・指輪1点
・ネックレス68本
総額約1500万円相当。

逮捕されたのが24日ですので
最終日の27日(土)まで逮捕されなかったら
被害はどうなっていたのでしょう。

日本最大の最も歴史のある宝飾展として、
世界中からバイヤーが集まる今回の
第29回・国際宝飾展では、

会期中の商談総額は
毎年約125億円に上るといわれ、

メディア報道でおなじみ
芸能人などの著名人らから選ぶ

「日本ジュエリー・ベストドレッサー賞」の

表彰なども行われています。
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする