神奈川・南足柄在住、大木司容疑者を送検 同乗者は5人。パトカーから逃走中,衝突で女性が死亡。


神奈川県大井町で12月15日、パトカーに酒酔い運転で追跡されていた複数の男女が乗る車が別の車に衝突、運転していた女性が死亡するいたましい事故が起こった。パトカーに追跡された車を運転していたのは、神奈川県南足柄市の会社員・大木司容疑者。警察は、この男を危険運転致死や酒気帯び運転などの疑いで逮捕し、17日に送検した。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦神奈川県大井町でパトカーに追跡されていた別の車に衝突し、女性が死亡。運転していたのは大木司容疑者

パトカーの追跡を振り切るため、逃げ続けた車が第三者を巻き込み死亡させるいたましい事故が起こった。
神奈川県大井町で12月15日夜11時半ごろ、飲酒運転でパトカーに追跡を受けていた車が赤信号だった交差点に突っ込み、近くに住む武松泉さん(63歳・女性)が運転する車と衝突、両車とも車の前部が大破。武松さんは病院へ搬送されたが、その後、病院で死亡が確認されたという。
パトカーに追跡されていた車には複数の男女が乗っていたらしいが、運転していた大木司容疑者のみ危険運転致死や酒気帯び運転などの疑いで逮捕・送検された。

スポンサーリンク



♦神奈川県大井町のパトカー追跡、そのときの大木容疑者の走行はどんなだったか?

まず、追跡された原因は、遮断機が下りている踏切を超えたため。
流れをまとめてみた。

複数の男女が乗る乗用車を酒に酔った大木司容疑者が運転。
遮断機がおりた踏切を突破し逃げたため、パトカーが追跡。
追跡された距離はおよそ4キロ。
赤信号を何度も無視。
国道255号線の赤信号の交差点に進入し武松泉さんの車に衝突。
両車両とも大破。
巻き添えとなった武松さんは、病院で亡くなった。

運転手の大木司容疑者は、容疑者は警察の調べに対し、「酒を飲んでいたので捕まりたくなかった」と供述しているという。
警察は、詳しい状況を調べるため、大木容疑者の車に同乗していた男女からも事情を聴取している。

また追跡にあたった小田原警察署は、
「適正な職務執行であったと考えており、事実関係を確認して対応したい」
と、パトカーの追跡についてこのようにコメントしている。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする