北アルプスでスノーボーダー男性が雪崩に遭い心肺停止、救助を要請。男性のお名前は?


今日1月20日の午後1時すぎ、長野県の北アルプス・小蓮華山(これんげやま)で雪崩が発生、スノーボーダーの男性1人が巻き込まれたと滑っていた仲間から警察に通報がありました。男性は心肺停止の状態。警察は21日朝から捜索を始める方針です。

スポンサーリンク


♦北アルプスでスノーボーダー男性が雪崩に遭い心肺停止、救助を要請。男性のお名前は?

今日1月20日の午後1時すぎ、
長野県小谷村にある、
北アルプス・小蓮華山(これんげやま)の
船越ノ頭の斜面で雪崩が発生し、

スノーボーダーの男性1人が巻き込まれたと
滑っていた仲間から警察に通報がありました。

男性は仲間らから雪の中から助け出されましたが、
心肺停止の状態ということです。

男性は、埼玉県三郷市にお住まいの

会社員、40歳とみられています。

お名前はまだ報じられていません。

仲間らの救助要請を受け、
県警はヘリで一旦現場に向かったものの、
悪天候で近づけなかったそうです。

警察は明日21日朝から、
地上と空から捜索を始める方針です。

この男性は、仲間数人と

バックカントリーを滑っていところ

雪崩に巻き込まれてしまいました。

現地の天候はどうだったのか、
またバックカントリーとは何なのか、
さらに調査してみました。

スポンサーリンク


♦小谷村にある北アルプス・小蓮華山の船越ノ頭のバックカントリーとは?付近の天候は?

北アルプスの白馬岳に近い
小蓮華山(これんげやま)は、
標高2766メートルの山で、
長野県と新潟県にまたがっています。

バックカントリーとは、

整備されたスキー場以外の場所で

手つかずの新雪と、

誰もいない大自然を満喫しつつ

スリルも楽しめるレジャースタイルのことです。

ひと昔前は、単に「山スキー」と呼んでいました。

スキーはバックカントリースキー、
スノボはバックカントリースノーボード、
キャンプはバックカントリーキャンプといい、

総じてバックカントリーと呼ばれています。

リフトなどがないので、自力での登山、
豪華にヘリをチャーターして登頂へ行き、
滑り降ります。

バックカントリーのツアーも

初心者向けからありますが、

それでも雪崩対策として、

救助を求めるときのビーコンなどは

“必需品”としているところが多いようです。

気象台によりますと、北アルプスの麓にある

長野県大町市の今日20日の最高気温は、

7度(3月中旬並み)まで上昇し、

この一帯には雪崩注意報が出されていました。

スノーボーダーの男性の無事を祈りつつ、

明日の捜索が待たれます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする