高井戸署の警部が現行犯逮捕!酔って路上で女性に抱きついた疑い。警部の名前は?


警視庁・高井戸警察署の警部の42歳の男が、1月6日未明、立川市の路上で女性に抱きつき、東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されていたことがわかりました。

スポンサーリンク


♦高井戸署の警部が現行犯逮捕!酔って路上で女性に抱きついた疑い。警部の名前は?

警視庁・高井戸署で
東京都迷惑防止条例違反の疑いで

刑事組織犯罪対策課の男性警部(42歳)が
現行犯逮捕という
不祥事が起きました。

1月6日未明、男性警部は、
東京都立川市・JR立川駅周辺の路上で
通行人の女性に抱きつき、
目撃していた通行人がが警察に通報、

駆けつけた警察官に取り押さえられ
現行犯逮捕。

女性は現場から立ち去っているので
身元もわからず、調書も取れない状況です。

そのためもあるのでしょう、勾留請求が却下され、
警部はすでに釈放されていますが

名前や顔写真などの公開は現在ありません。

警部は当時酒に酔っていて、
「女性に声をかけたとは思うが、その他はよくわからない」
などと供述しているそうです。

警視庁は任意で捜査をすすめる方針。

高井戸署はこれまでにも
不祥事が報じられています。
たとえば・・・

スポンサーリンク


♦警視庁・高井戸署、その他の不祥事

高井戸警察署は、警視庁が管轄する警察署のひとつ。

杉並区の西南部が管轄で、
署員数は約330名ほど。

高井戸署の不祥事といえば、
記憶に新しいのは、

昨年の2017年8月、
当時中学生だった男子生徒2人に対し、

「お前の人生終わりだからな」
「高校行けねからな」などと

高圧的な取り調べで自白を強要したことが
発覚し、世間を騒がせました。

この取り調べ自体は
平成27年12月のことです。

事件の概要は、
平成27年12月10日、
万引で事情を聴かれた当時中学3年の生徒が、

「クラスメート(2人)に万引をするよう強要された」と説明した。

その2人が後日、高井戸署に呼ばれ、
別々に取り調べを受けます。
このとき、1人がレコーダーで録音。

しかし、生徒2人は当時14歳と15歳。
立会人もなく、黙秘権の告知もなく、
2時間にわたる取り調べが行われました。

そして犯行を認めてしまいますが、
この生徒2人が、万引きに関与していなかったことが
のちに明らかになります。

レコーダーの録音が公開され、
かなりの衝撃を与えました。

レコーダーは、警察官が自宅に訪れた際、
態度が高圧的だったことを
母親が不安に感じ、息子に持たせたそうです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする