岐阜の介護施設「リバーサイド悠悠」介護士の武藤麻理(27), 99歳女性への暴行容疑で逮捕


岐阜県警は12月29日、岐阜県関市の介護施設「リバーサイド悠悠」で99歳女性を暴行したとして、介護士・武藤麻理容疑者(27歳)を逮捕した。匿名による警察への電話通報で虐待が発覚した。武藤容疑者は、容疑の一部を否認している。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦岐阜の介護施設「リバーサイド悠悠」介護士の武藤麻理を、99歳女性への暴行容疑で逮捕

岐阜県警は12月29日、岐阜県関市の介護施設「リバーサイド悠悠」に勤務する介護士の女を暴行容疑で逮捕した。
・逮捕された女の名前は、武藤麻理容疑者(27歳:関市小屋名在住)
・リバーサイド悠悠に勤める介護士。
・暴行の被害にあったのは、同施設に入居する99歳の女性
・武藤真理容疑者は、今月24日午後11時ごろ
・99歳の女性の複数回にわたって顔や腹を殴ったり、
・体を踏みつけたりした。
・女性の顔にはあざが残っているという。

・「介護施設で虐待がある」と匿名の通報が28日警察に入った。
・従業員への聞き込みと
・防犯カメラの映像をもとに
・武藤容疑者が特定された。

警察の取り調べに対して武藤容疑者は、
「殴ったことは間違いないが、踏んだ覚えはない」と容疑を一部否認。
警察は、動機や余罪について調べを進めていくという。
また、傷害容疑での立件も今後視野に入れ捜査していく方針。

スポンサーリンク


♦介護士、武藤容疑者が勤務する関市の介護施設「リバーサイド悠悠」での利用者の反応

関市の介護老人保健施設リバーサイド悠悠では12月29日、介護士職員・武藤容疑者が入所者である99歳の女性に対する暴行容疑で逮捕されたことを受けて、県や関市などの立ち入り検査が入り、同施設の職員に対し聴き取り調査が行われた。
リバーサイド悠悠は4階建てで、1階に共有スペースがあり、2階から4階が入所者の居室となっている。
夜間は夜勤の職員がおり、各階それぞれ2人で担当しているという。

県の職員らが立ち入り検査に入ったのは、午前10時ごろから午後2時半ごろまで。
施設の男性職員は厳しい表情で「県の調査中なので何も答えられない」とだけ語った。

施設利用者の家族の反応は?
今回の事件を知り、家族の男性は「悪いうわさを聞いたことはなかったが」と驚きつつ話していた。
リバーサイド悠悠に入所中の母親に会いに訪れた美濃市の男性(56歳)は、
「施設は見通しが利く構造なので、虐待が起こりにくいと思って選んだ」と話し、
別の女性は「虐待などの話は聞いたことがない」と取材に答えた。
 
スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする