交通事故を偽装、元損害調査員の松本雄大ら4人を保険金搾取の容疑で逮捕。


警視庁交通捜査課は、追突事故にあったとウソをついて保険金をだまし取ったとして、損害調査会社の元社員の男ら4人を1月30日、詐欺の疑いで逮捕しました。4人は「遊ぶ金が欲しかった」と、おおむね容疑を認めています。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク



♦交通事故を偽装、元損害調査員の松本雄大ら4人を保険金搾取の容疑で逮捕。

交通事故の損害調査を行っていた男ら4人が共謀して、
わざと自分の車に追突させ、保険金を搾取していました。

内情を良く知った人間による保険金搾取。
「遊ぶカネ欲しさに保険金をだまし取った」
と、容疑をおおむね認めています。

詐欺の疑いで警視庁に逮捕された男らの名前は、

—————
名前:松本雄大(まつもとゆうだい)容疑者(26歳)
職業:損害会社 元社員
住所:東京都東久留米市小山

—————
名前:岡田健太(おかだけんた)容疑者(26歳)
職業:生命保険会社 社員
住所:東京都東大和市上北台

他の男2人は名前は報じられていませんが、
いずれも都内に住む20代ということで
中学や高校の同級生ということです。

警視庁交通捜査課によりますと、
松本容疑者ら4人は、2016年4月23日午後、

東京都東大和市の路上で
松本容疑者が借りたレンタカーを自ら運転し、
自分の乗用車に追突させるという手口で事故を偽装。

損害保険会社2社から、保険金約130万円を
だましとった疑いが持たれています。

4人の関係は? また、
役割分担はどうなっていたのでしょうか。

スポンサーリンク



♦松本容疑者ら4人は中学や高校の同級生。役割分担はどうなっていたのでしょう?

松本容疑者ら4人は、
中学や高校の同級生だったそうです。

2016年4月に起こした事故偽装の現場は、
岡田健太容疑者の住む東京都東大和市内の路上でした。

事故偽装現場の詳細はわかりませんでしたが、
岡田容疑者の住まいは東大和市上北台。

西武遊園地が近くにあるところですね。

東隣には、松本容疑者が住む東久留米市があります。

自分たちの土地勘のある場所を選んだのでしょうか。

役割分担はどうなっていたかといいますと、

松本容疑者は警察の調べに対して

「自分が計画した。遊ぶ金が欲しかった」と話しているそうです。

自分でレンタカーを運転して、
自分の車に追突したことから
ほとんど松本容疑者が実行しています。

元交通事故の損害調査員ということで
事故に詳しかったことがうかがえますが、

松本容疑者らが関わった交通事故による保険金請求が相次ぎ、
不審に思った損害保険会社が警視庁に相談していたそうで、
元調査員が調査されて逮捕となりました。

また、他にも2件の事故偽装があり、こちらも警視庁が捜査を進めています。

悪いことはできません。
加担した同級生らも、おおむね容疑を認めているとのことです。
しっかり反省し、罪を償っていただきたいです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする