甲子園の元ヒーロー、一二三慎太容疑者が女性に性的暴行で逮捕 複数の男が関与か


夏の甲子園で準優勝し、阪神タイガースでもプレーした一二三慎太容疑者が11月中旬、沖縄県で女性に性的暴行を加えた疑いで逮捕された。150キロ右腕のヒーローは、何を誤ったのか。警察は認否についてはまだ明らかにしていない。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦元阪神タイガース選手、一二三慎太容疑者が女性暴行の疑いで逮捕

沖縄県警は、女性に性的暴行を加えたとして、22日までに強制性交容疑で、元プロ野球阪神タイガース選手の一二三慎太(ひふみ しんた)容疑者(25歳)を逮捕した。
一二三容疑者は、今年11月中旬、沖縄県内で、女性に対して複数の男と性的暴行をした疑いが持たれ、他の男らとともに逮捕されているという。認否についてはまだ警察から明らかにされていない。

一二三慎太容疑者は、神奈川県、東海大相模高校の野球部で、2010年夏の全国高校野球選手権大会に投手として出場し、準優勝を果たした。その後、阪神タイガースからドラフト2巡目で入団したが、一軍公式戦の出場はなかった。2016年に阪神から戦力外通告を受け、現在はBC(ベースボール・チャレンジ)リーグの「石川ミリオンスターズ」に所属している。石川ミリオンスターズは、事実関係を確認中とのこと。
阪神タイガースは、「球団に在籍していた選手ですので、事実だとすれば非常に残念」とコメントしているという。

スポンサーリンク


♦元甲子園のヒーロー、一二三容疑者の事件は公表前から話題に

ネット上では数日前から噂になっており、阪神は除籍したものの、阪神ファンとしては残念という声があがっていた。
一二三慎太容疑者は、大阪府堺市の出身で、東海大相模高校に進学。甲子園では、打って良し、投げて良しの選手で、二年生からエースとして活躍し、三年生の春と夏の甲子園に出場したヒーローだった。
阪神タイガースでは、契約金6000万円、推定年俸720万円、背番号36という、破格の契約内容だったという。
しかし、始めのキャンプから、病気を患い、その後右肩痛の再発などで投手としての活躍を断念し、野球を続けたい一心で外野手・打者に転向。
しかし、一二三容疑者は、2016年に阪神タイガースから戦力外通告を受けてしまう。
BCリーグで野球は続けているが、この度の女性を性的暴行か、という事件で逮捕。今後の選手生命はどうなるのか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする