大阪・箕面で4歳男児がクリスマスに死亡、虐待か。母親と内縁の夫の名前は。


大阪府警は12月25日、大阪府箕面市粟生間谷(あおまたに)西の団地で4歳の男の子が死亡した事件で、母親(26歳)と内縁の夫(24歳)、友人の男(20歳)の計3人を殺人容疑で逮捕した。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦大阪・箕面で4歳男児がクリスマスに死亡、虐待か。母親と内縁の夫の名前は。

事件の発覚は、今日12月25日午前2時10分ごろ、「息子が息をしていない」と110番が大阪府箕面市粟生間谷西の団地からあったことから。大阪府警箕面署員らが駆け付けたところ、この団地の一室に住む筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4歳)が、居間のベッドで意識を失って倒れているのを発見。病院に搬送されたが亡くなったことが確認された。

歩夢ちゃんの顔や体には複数の打撲の痕があることから、府警捜査1課は殴って死亡させた疑いがあるとみて、母親と内縁の夫、その友人の男ら3人を事情聴取し、殺人容疑で逮捕した。

歩夢ちゃんに暴行を加え殺害したとみて逮捕された3人の名前は、母親は筒井麻衣容疑者(26歳・無職)、同居していた内縁の夫・松本匠吾(24歳・無職)、友人の男・大倉敏弥(20歳・無職)。全員が無職である。

箕面署によると、事件のあった団地の部屋では、逮捕された3人と、歩夢ちゃん、歩夢ちゃんの弟(2歳)の5人で同居しており、松本匠吾、大倉敏弥両容疑者は、約1か月前から同居を始めていたらしい。

スポンサーリンク


♦大阪・箕面粟生間谷の団地で4歳児とその弟2歳児ともに虐待か。

顔や体に複数の打撲痕があった歩夢ちゃんの死因は、外傷性腹内出血と診断された。引き続き司法解剖で詳しい死因を調べる。2歳児の弟にも複数の打撲痕がみつかったが、命に別条はないとのこと。

同課の調べに対して、母親の筒井麻衣容疑者は「見ていただけ」と自らの暴行は否認。
内縁の夫・松本匠吾容疑者と友人の大倉敏弥容疑者は、
「言うことをきかないので殴った」
「これまでもお漏らしをした際に、しつけのために殴ったことがある」
などと供述。
常習的に虐待を行っていた疑いがあり、引き続き調べを進める。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする