京都伏見, 刃物殺傷 中村正勝の顔画像や被害男性の娘とのトラブルは?


先月12月31日午後3時ごろ、京都市伏見区の路上で男が男性2人に刃物で切りつけ1人が死亡、1人が重傷を負った。男の名前は中村正勝容疑者(50歳)。現場から逃走したが、警察に出頭したところを緊急逮捕された。中村容疑者は、重傷の男性の娘(21歳)とトラブルがあったという。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク


♦京都伏見, 刃物殺傷 中村正勝の顔画像や被害男性の娘とのトラブルは?

京都市伏見区肥後町で先月12月31日午後3時ごろ、中村正勝容疑者(50歳)が
2人の男性を刃物で切りつけ1人が重症、1人が死亡した事件をまとめてみた。
・重傷の男性とその娘、死亡した男性が、
・中村容疑者とのトラブルに対する話し合い目的で
・中村容疑者の自宅近くにワンボックスカーで乗り付け
・車から降りたところを中村容疑者に襲われた。
・女性の声で「人が切られている、早く来て」と110番通報
・救急隊が到着すると、
・45歳の男性(娘の父親)は左腕を切られ重症、
・一緒にいた猪飼将希さん(27歳/大津市木戸在住)は
・右胸を正面から刺され道路に血を流して倒れていた。
・病院に搬送されるが出血性ショックで死亡。

車で話し合いに来た3人と中村容疑者は知り合いで、
死亡した猪飼さんらは人間関係を巡るトラブルを話し合おうとしていた。
後日の報道によると、ワゴン車で来ていたのは
3人に加え、24歳の男性と子供2人を含む計7人だったという。

中村正勝の顔画像や被害男性の娘とのトラブルを調べてみた。

スポンサーリンク


♦2人の男性を殺傷した中村正勝容疑者「相手の命どうなってもいい」と供述

中村容疑者は現場から姿を消したが、数時間後に警察へ出頭したことろを緊急逮捕された。
トラブルの詳細はまだ報じられていないが、重傷を負った男性の娘と「以前、同じ職場で働いていた」と話していることから、男性の娘との間に何らかのトラブルがあったと考えられる。

中村容疑者は警察に対して「相手の命がどうなってもいいと思った」という趣旨の供述をしており、刃物で人を刺したことも認めている。
中村容疑者の顔画像は報じられておらず、個人の断定は難しい状況。
警察は猪飼さん殺害容疑についても立件を視野に調べる方針。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする