草津白根山、気象庁「噴火速報アラート」出せなかった理由、わけは?


気象庁は1月23日午前9時59分の草津白根山噴火とほぼ同時に、火山性微動(マグマや熱水の動きを示す)を観測していたにもかかわらず、「噴火速報アラート」を事前に出せなかったことを明らかにしました。その理由を調べてみました。
(写真は白根山湯釜火口)

スポンサーリンク


♦草津白根山、気象庁「噴火速報アラート」発表なかった理由、わけは?

1月23日、午前9時59分、草津白根山が噴火。
噴石が約1キロ飛散しました。

草津国際スキー場の近くとあって、
停電でゴンドラが止まり、山頂の駅舎に
一時80人が取り残されました。

また、飛んできた噴石などで
相馬原駐屯地、陸上自衛隊
第12ヘリコプター隊の隊員8人がケガを負い、
そのうちの1人、49歳の男性が
搬送された病院で死亡が確認されました。

一般の人もケガをしており、
1人が死亡、6人が重傷、5人が軽傷ということです。

このような事態が起こる前に、なぜ、
気象庁は「噴火速報」を出せなかったのか。

2014年、御岳山噴火で58人もの方が亡くなったことを
教訓として2015年に導入された「噴火速報」。

スマートフォンでも受信できるので
登山者やスキー客、周辺地域の人々へ
迅速に知らせることができるというもので、
この度の草津白根山も監視対象に含まれていたそうです。

この「噴火速報」が出せなかった理由を
気象庁の話しとして産經新聞が
以下のように報じています。

複数の火山で構成される草津白根山の主な火口である湯釜火口に観測態勢を集中しており、今回噴火した本白根山には監視カメラなどがなかった。このため、爆発的噴火の発生時に観測される空振も確認することができず、発生直後に火山噴火と断定することができなかった。

スポンサーリンク


♦気象庁は噴火とほぼ同時に、火山性微動(マグマや熱水の動きを示す)を観測していた。

草津白根山噴火は23日午前9時59分。
気象庁は、ほぼ同時に火山性微動(マグマや熱水の動きを示す)を観測していました。

加えて草津町などから、噴煙や噴石の目撃情報が伝えられていたそうです。

気象庁が設置していた観測機器や監視カメラの設置位置が、
別の火口だったため検証に時間がかかったとの話しでしたが、

これは、草津白根山の火口がひとつではなく、
複数の火山でなりたっているため、
主要な火口である「湯釜火口」に集中して観測していたことがわかりました。

「空振」という爆発的噴火時に観測されるものも確認できず、
噴火と断定できなかった、とも報じられています。

気象庁の斎藤誠火山課長は記者会見の席で
「観測された火山性微動が火山噴火に伴うものか判断できなかった。残念ながら速報が出せなかった」と話しています。

今回噴火した本白根山の火口には
設置されていなかった監視カメラなどの観測機材。

すべての火口に設置というのも難題だとは思いますが、
亡くなられた方へご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする