息子の交際相手,17歳の家出少女に売春強要か 55歳女を逮捕!女の名前は?

東京都練馬区の無職の女(55歳)が、息子の交際相手の17歳(当時)の少女に、ツイッターで客を募り、むりやり売春をさせたとして、今日1月29日午前9時すぎ、警視庁石神井署は児童福祉法違反などの疑いで逮捕しました。女は「少女が勝手にやった」と容疑を否認しているそうです。
(写真はイメージです)

スポンサーリンク



♦息子の交際相手,17歳少女に売春強要か 55歳女を逮捕!女の名前は?

ツイッターで客を募り、

息子の交際相手で

当時17歳の少女に売春させたとして

警視庁から児童福祉法違反の疑いで

逮捕された女の名前は、

東京都練馬区に住む無職の

岡部容都子(おかべいつこ)容疑者(55歳)。

下記は日テレNEWS24の報道です。

警視庁によりますと、逮捕された岡部容都子容疑者は2016年12月頃、当時17歳の少女に、東京・豊島区のホテルで50代の男と売春させた疑いなどがもたれています。

捜査関係者によると、少女は岡部容疑者の息子の交際相手で、岡部容疑者は少女を自宅に住まわせTwitterで客を募るなどして、2016年12月から2か月ほどの間に20回以上売春させ、約70万円を得ていたという。

調べに対して岡部容疑者は、

「少女が勝手にやった」と否認しているとのことですが、

少女が逃げ出して被害が発覚しています。

状況を追ってみましょう。

少女は現在18歳で、岡部容疑者の息子(18歳)の交際相手。

17歳当時、家出をして

岡部容疑者宅に住んでいましたが

岡部容疑者から

「生活費を稼ぎなさいよ」と言われ、

2016年12月から、およそ2か月の間に

二十数人の相手をさせられていたそうです。

また、岡部容疑者は、少女にタバコの火を押しつけ、

「殺すぞ」と脅していたことや、

1日の食事は、おにぎり1個しか与えていなかったことも

報じられています。

もう少し詳しく内容を調査していきましょう。

スポンサーリンク



♦息子の交際相手の少女に「生活費を稼ぎなさいよ」で売春強要。

自らも息子がいる母親であるはずの岡部容疑者。

それが息子の交際相手でしかも17歳の少女。

2016年12月から2017年1月の約2ヶ月の間に、

ツイッターで客を募り、20回以上売春をさせ、

約70万円を得ていたとみられていますが

少女への1日の食事は「おにぎり1個」。

少年育成課の話しによりますと、

岡部容疑者は2016年12月に

ツイッターで募った50代の男性客と

少女を、豊島区のホテルで性交させ、

4万5千円を得ていたようです。

このとき買春した50代の男性も

児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で

書類送検されています。

少女は2017年2月に岡部容疑者のもとから逃げ出し、

被害が発覚しました。

警視庁は、岡部容疑者は容疑を否認していますが

稼いだ金を受け取っていたとみて

調べを進めています。

今月起こった、さくら戦士リフレ大久保店による

女子高生にわいせつな行為をさせた事件も、

ツイッターで宣伝しています。

SNSを使ってのこうした犯罪が後を断ちません。

警察やSNS開発者、私たち使う側も

摘発に力を注いで、少しでも被害が減ることを望みます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする